医療法人 三仁会(あさひ病院 / 春日井整形外科/師勝整形外科)

活動報告

カテゴリ「院内行事」の記事一覧

4月を迎え、当法人でも8名の常勤を含めた15人のスタッフが新たに入職しました。 あさひ病院では4月1日の朝礼にて、神谷院長からのスタッフ紹介や、抱負を含めた新入職員の挨拶が行われました。 また、午前中は、法人各部門より新入職員に対するオリエンテーションを行いました。 例年に比べ、職員一同が集まる機会を設けにくい現状ではございますが、地域の皆様に信頼・安心の医療・介護を提供できるよう、スタッフ一同、気持ちを一つに頑張っていきます。 本年度もどうぞよろしくお願いいたします。    …続きを読む
12月11日、3階病棟で、恒例のクリスマス会を行いました。 第一部は、ボランティアの「虹の会」の方々に、紙芝居をして頂きました。 紙芝居は、昔懐かしい内容のお話が中心で、参加者はみんな、演者の方々の迫力ある語りやセリフに聞き入っていました。また、楽器や様々な道具を利用しての効果音や動物の鳴き声などもあり、紙芝居の素晴らしい世界を堪能することができました。 第二部は毎年恒例の横地事務長によるアコーディオン演奏がありました。 今回はサプライズで花村名誉院長のクラリネットによる演奏もあり、ソロでの「きよしこの夜」「アベマリア」の後、クラリネットとアコーディオンの「アメージンググレース」の合奏もありました。 アコーディオン演奏の中では、「ふるさと」など患者さんも一緒になって歌える曲もあり、皆さん笑顔も見られ、しっかりと声を出して歌っていました。また中には、演奏に感動され涙を流される方も…。 最後は…続きを読む
今回、理事長の粋な計らいで、あさひ病院リハビリテーション室において弦楽四重奏のクラシックコンサートが行われました。 当日は、三仁会の職員45名、病棟に入院されている方やそのご家族24名が、約1時間、素晴らしい弦楽四重奏の世界を堪能しました。 弦楽四重奏とは、第一ヴァイオリン、第二ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの4つの楽器で構成されています。今回来ていただいた4人の演奏家の皆さんは、現在のクラシック界の第一線で活躍されている方々ばかりです。 演奏では、1曲目の「アイネクライネナハトムジーク」が始まったとたん、圧倒されました。耳なじみのある曲で、リズムを取っている方もみえました。しかし次の「G線上のアリア」が始まると、さっきの圧倒されていた気持ちから、とても落ち着く感情豊かな気持ちになり、あっという間にクラシックの世界に引き込まれてしまい、会場の雰囲気もガラリと変わりました。 その後も、「カヴ…続きを読む
7月3日、今年も初夏恒例の3階病棟七夕会が開催されました。 ボランティアの方々による楽しい紙芝居や当院スタッフのアコーディオン演奏がありました。 患者さん達は真剣に紙芝居を鑑賞したり、懐かしいメロディに誘われて思わず口ずさんでいる姿が印象的でした。 病院生活をふと忘れる心温まるひと時でした。…続きを読む
4月と言えば春、春と言えば、新入学・新入職の季節ですね。 当法人でも、今年度、13人のスタッフが新たに入職します。内訳は、あさひ病院が、医師2名、理学療法士2名、言語聴覚士1名、看護師3名、医事課事務職員1名、春日井整形外科が、理学療法士1名、通所リハビリテーション運動指導員1名、医事課事務職員1名、師勝整形外科が、理学療法士1名です。 4月1日は、午前中一杯を使って、法人各部門より新入職員に対するオリエンテーションを行いました。 一人一人が、これから法人の新しい顔として、法人の理念にも掲げられている患者さん・利用者さん本位の医療・介護サービスの提供に取り組んでゆきますので、よろしくお願いいたします。…続きを読む
昨年12月よりリハビリ公園にて園芸をはじめ,リハビリに取り入れています. 入院生活は、原疾患による身体機能低下に加え、気分の落ち込みや悲しさ、ストレスなど精神的にも負担が大きいものです。 園芸をリハビリに取り入れることで,草花や野菜などの園芸植物や身の回りにある自然との関わりを通して、心の健康、体の健康の回復を図ることができると考えています. また,園芸という活動を媒介として,体力の回復や立位動作の獲得など他の日常生活動作にその効果を波及させることができます. プランターを2つ設置し、用務員の中村ご夫妻より、植え方や管理方法を学びながら、職員では行き届かないところをお二人にご協力いただいています。 昨年12月より、リハビリ公園にプランターを設置し二十日大根、イチゴの苗、小松菜などを栽培しました。立派に育った野菜が収穫され、患者さんには育てた苦労と収穫の喜び、楽しさを感じてもらえたと思います…続きを読む
第1回家族介護者交流会のお知らせ 春日井市地域包括支援センター松原では、7月20日(金)の11時~13時半に春日井整形外科3階の会議室にて、第1回家族介護者交流会を開催いたしました。 家族介護者交流会とは、介護が必要な高齢者を介護している家族に対して、リフレッシュする機会を設けることにより、介護者の身体的、精神的負担を軽減するとともに、介護者相互の交流の機会を図ることを目的としています。  今回の第1回目は、3名の方が参加して頂きました。 初めに地域包括支援センターの職員の挨拶をし、その後、猪田先生による講和~認知症は運動で予防できる?~をテーマに、認知症とはどのような病気なのか、認知症予防には、頭と体を使った運動(ダブルタスク運動)の重要性などをお話しいただき、みなさんとても真剣に聞きhttps://miwa.offside.ne.jp/kt/wp-content/uploads/201…続きを読む
7月4日、今年も初夏恒例の3階病棟七夕会が開催されました。 ボランティアの方々による楽しい紙芝居や当院スタッフのアコーディオン演奏がありました。患者さん達は懐かしいメロディに誘われて思わず口ずさみ、時には涙される方もいました。 病院生活をふと忘れる心温まるひと時でした。…続きを読む
3月15日に今年の4月2日から運営予定の春日井整形外科通所リハビリテーションの内覧会が行われました。当日は暖かく天気も快晴で多くのケアマネジャーの方や実際に施設を利用したいという近隣の方々が内覧会に訪れました。 通所リハビリテーション常勤である加藤理学療法士と久保田作業療法士、野田看護師から当通所リハビリテーションのコンセプトや実際の内容、そして送迎エリア等について説明をさせていただきました。また、実際に設置されているマシンやエアロバイク等にも触れていただきました。 春日井整形外科に通所リハビリテーションが開設されることにより、医療から介護分野まで、これまで以上に地域の皆様をサポートできる環境が整いました。 今後も医療法人三仁会は地域の皆様の健康増進に寄与できるよう努力していきたいと思います。  …続きを読む

納涼祭

カテゴリ:院内行事
7月に毎年恒例の七夕会が開催されました。 今回もスタッフのアコーディオンの演奏と、 ボランティア「虹の会」の方々に来ていただき、 音響入りの紙芝居を観覧し、大正琴の演奏に合わせてみんなで合唱しました。 参加者は口ずさむ人もいれば、涙する人も・・・。 心温まるひと時でした。…続きを読む
1 2